NO IMAGE

体質だからと諦めないで?!自宅で今すぐ始められる温活のすすめ

冬になると手足が冷えるよね~。
夏場でも冷房で結構体の芯が冷えちゃうのよねぇ~

体が冷えると、「寝つきが悪い」「手足の末端が冷える」「肌が乾燥する」などの悩みを抱える方も増えるのではないでしょうか。

もしかしたら、寒さによるその体の不調、温活をすることで改善するかもしれません。

今回は、温活をする事のメリットや日常生活で簡単に実践できる温活の方法をご紹介します。

体質だからと諦める必要はありません。自分自身の体温をコントロールして、寒さによって引き起こされる不調とさよならしましょう。

温活とはいったいどんな活動?

温活を始める前に、そもそも温活とはいったいどのような「活動」をすることをいうのか、体温が下がるということは体にどのような不調を引き起こしてしまうのか、正しく理解することが重要です。

例えば、「温活は基礎体温が35度代の方の体温の改善を目的としている」と聞くと、基礎体温が低いことが体の不調を引き起こしてしまうのだなとなんとなくイメージすることが出来ると思います。しかし、実は温活は、手足などの末端の不快な冷えを解消したり、一日の体温の高低差を大きくして睡眠の質を向上させるなど、基礎体温が高い方でもたくさんのメリットを得ることが出来る活動なのです。

そのためには、温活の正しいやり方と体温が上昇することによって得られるメリットをしっかりと理解しておく必要があります。実は体温はたった一度の上昇と低下で体に大きな影響を及ぼすことが分かっています。具体的には一度上昇するだけで免疫力は5、6倍強化されますが、一度下がってしまうと30%以上低下してしまいます。呼吸をはじめ、食べ物の消化や吸収、代謝、排泄といった私たちの生命活動において重要な役割を果たしている酵素に関しては50%以上も低下してしまうといわれています。

さらに、体温の低下は、発癌リスクを上昇させたり、消化器の不調も引き起こしてしまう恐れもあるのです。また、冷えそのものから寝つきが悪くなってしまったり、反対に朝起きることが億劫になる。血流の悪化によって乾燥肌や肌荒れ、体がだるい、頭痛など、多くの不調を引き起こしてしまう可能性があります。

日常生活で出来る温活の方法-物理的に温める-

とはいえ、真冬は普通に過ごしていても体が冷えてしまう場面が多くあります。冷えを改善するために簡単に始めることができて、すぐに実感できる温活は、物理的に温めることが一番です。物理的に温めるだけであれば私もやっています。という方もいらっしゃるかと思います。今回紹介するおすすめの温めポイントは、「とにかく耳を温めること」です。実は、昼間の手足の冷えは、低体温や冷え性でない人でも起こります。単純に外の気温が低いので、体の中の熱が外に逃げないように末端の血管が収縮して一時的に冷たくなっているだけということも多いのです。耳は体の他の場所と比べ血管が露出しており気温の影響を受けやすいので一層寒さを感じます。耳あてをしたり、マッサージ(親指と人差し指で10秒ほどもみもみするだけでも効果的)をする事で血流が上がりますので、耳を冷やさないように過ごしてみてください。きっと今までの温めよりも効果を実感できると思いますよ。耳以外では、レッグウォーマーや靴下、オーガニックコットンのおしゃれふんどし等で足先まで温めておくようにすることもとても有効です。特に、足首の冷えは体全体の冷えに直結しますので、耳と併せて足首を温める温活はすべての人におススメしたい方法です。

日常生活で出来る温活の方法-生活習慣を見直して体温をコントロールする-

テレワークやおうち時間が増えた今、冬の寒い日はついついカーテンを閉めて過ごしてしまう事はありませんか。実はこの行動も温活としてはNGな行動なのです。

朝に冷えを感じてしまうというのは、体の深部の体温が起床時に上がりきっていないということが考えられます。そこで大事なのが日光浴。太陽の光を浴びることで体温が上がり血圧も上昇、またセロトニンという物質の分泌も促します。セロトニンとは、気分を上げて、体を日中モードにシフトする大切な物質です。時間がある方は朝のウォーキングや朝食を買いに近所を歩くなどの軽い運動もおすすめ。難しい人は窓際で軽くスクワットをしてみたり、ガムを噛むだけでも効果的です。

もう一つ、今すぐ見直すことが出来る生活習慣としては、食事の時間を意識して整えてみることがあります。この方法は、「寝る前と朝起きた時」に冷えを強く感じるという方におすすめしたい方法になります。理想の食事時間は、起床してから60分以内に朝食を食べ、夜は就寝の4時間前には夕食をすますことがポイント。消化器系の体内時計が整い、朝目覚める頃にしっかりと体温を上げることが出来ますよ。

最も効率がよく即効性がある方法は入浴、+αの方法も紹介

ここまで、外出先や家での温活の方法をご紹介してきましたが、体を温める上で最も効率的で、即効性のある温活は「入浴」です。みなさんは、入浴をする際何度のお湯やシャワーを浴びていますか。温活を意識した入浴では、この温度がとても重要になります。効果的な入浴温度と時間は、40度のお湯に15分程度。しっかりと深部体温が上昇します。39度では体温がしっかりと上がらず、42度以上では交感神経が刺激されてしまい逆効果になってしまいます。

普段は湯船に浸からないという方はシャワーだけでも構いません。しっかりと40度のシャワーを浴び血流を上げ、入浴後は血流が最も良い状態ですので、冷える前に素早くベッドに入るようにしてみてください。

さらに、毎日湯船に入る時間をしっかりと確保できるという方におすすめな入浴方法は「ヒートショックプロテインを増やす入浴方法」です。ヒートショックプロテインとは、眠りを改善すると考えられているたんぱく質の名称で、低体温の改善に期待ができます。40度のお湯に20分もしくは41度のお湯に15分、その後10分の保温を行うという方法。保温とは汗をしっかり出しながら体温が下がらないように着込むことです。水分補給はしっかりと行うことで、基礎体温の上昇が期待できます。一週間で基礎体温が1℃も上がった方もいらっしゃいます。時間に余裕のある方は、ぜひ実践していただきたい入浴方法です。

入浴に加えて+α、アロマオイルを用いてリッラクスする方法もあります。お風呂に入った直後から体が寒いという方は、副交感神経よりも交感神経が優位に働いてしまっていて、体が興奮状態にある可能性があります。体を直接温める温活ではありませんが、結果的に体温のコントロールが出来ますので、家にアロマオイルがある方は、試してみて頂きたい方法です。やり方は簡単、ラベンダー2滴、ヒノキ 1滴をコットンに滴下して鼻元に置く。3秒吸って2秒息を止めて5秒かけて吐く。その時に、仰向けで寝転がり、腰を捻ったり手足を自由自在に気持ちよくストレッチするとより一層効果的です。これは、科学的にも証明されているので、自宅にアロマオイルがある方はぜひやってみてください。

得られるメリットはたくさん、体温のコントロールで寒さに負けない体を手に入れましょう。

体温の上昇は、血流の流れの改善、体が温まってリラックス効果が生まれ毎晩の眠りの質に差が出ます。

血流が良くなれば、老廃物がしっかり回収され、栄養分が細部まで届くため体の臓器の働きが活発になります。代謝が上がり肌荒れの防止やむくみの改善、顔色なども改善されるでしょう。暖かく気持ちよくなれば自律神経の副交感神経が刺激され、リラックス効果が増加、昼間の体温の上昇は、夜眠る時に自然な深部体温の低下を促し、ノンレム睡眠の中でも最も深いステージ4の出現が早くなります。ステージ4という状態で眠ることは、成長ホルモンが分泌され、体の疲労回復はもちろん、筋肉量増加、脂肪減少、さまざまな臓器の機能を修復し、メンタル面の強化、ホルモンや免疫力も強化させます。体温をコントロールするだけで睡眠の質に大きく影響し、結果的に得られるメリットが大きくなります。

温活とは、ただ体を温めるということではなくて、高い体温のコントロールを行う事で睡眠の質を上げ、体の不調を取り除き、数多くのメリットをもたらしてくれる活動のことなのです。

冬の寒さの中で生活をしていると、ついつい手足や体が冷えていることが当たり前と思いがちです。体質だと諦めず、良質な眠りとポカポカな体を手に入れるためにぜひ、温活を始めてみませんか。

【美しさは姿勢から】優しいフィット感で美姿勢が続く矯正ベルト! http://

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>\ サイトで使用中「THE THOR」/

\ サイトで使用中「THE THOR」/

Wordpressテーマに悩んでいるあなた!完璧なSEO対策とおしゃれなデザインのTHE THORがおすすめです。9つの着せ替えパターンで、初心者の私でも簡単に設定することが出来ました♪クラシックエディターも想像以上に書きやすくて楽しい!

CTR IMG